デントリペアとは・・・

500
はじめまして。レディアント代表の小林です。
デントリペアに興味をもっていただきありがとうございます。
では早速デントリペアについて説明させていただきます。

どうか少しお付き合い下さいませ。

抜群の費用対効果。
デントリペアは鈑金塗装とは違い、塗装せずに凹みだけを修復できる技術で、
施工料金は鈑金塗装で修理する金額の半額以下で修復が可能な場合が多く施工時間は
数十分〜数時間で修復が可能となっております。

なぜデントリペアが安い、早い、キレイを実現できるのか?
これだけだと少し怪しさも感じてしまいますよね。

安さは、凹みを修復する際の材料(塗料など)を使わないからなんです。
材料を使わない事でゴミも出ないので環境にもいいですよね。

早さは、圧倒的な作業工程の少なさです。
鈑金作業、パテ作業、塗装作業は行いません。
パーツの脱着作業もほとんどなく、まれに内張りを脱着する程度です。
この作業工程の少なさも安さにつながっています。

キレイさは、塗装の肌レベルまで精密に仕上げていきます。
精密に仕上げられた凹みはまるでなかった事のようになります。

デントリペアの安い、早い、キレイを少しは分かってもらえたと思います。
でもまだまだ知られていないのも事実ですよね。

どうやって修復するのか?

主に特殊な棒状のツールを使い凹みを裏から精密に押し出していきます。
箇所によってはボディーの表から凹みを引っ張る、プーリングと言った
施工方法もあるんですよ。
どちらの施工方法もポンチング(叩き)でさらに精密に仕上げていきます。
従来のデントリペアと比べて格段に技術、ツールが進化していて小さな凹みだけでなく
10センチを超える凹み、プレスライン、アルミパネル、ビーム(骨)の
中にある凹みも施工可能です。
デントリペアは塗装せずに凹みを修復できる技術なのでオリジナルの塗装をそのまま生かす
事ができお車の価値を落とす事なく本来のボディーラインに戻す事ができます。

現在の新車生産ラインでも用いられている技術でもあり、アメリカや他県では
愛車が凹んでしまった場合は、まず先にデントリペア屋さんに持って行き
デントリペアで対応できる凹みか見てもらうオーナーさんが多いのも事実なんですよ。

デントリペアだからできる嘘のような安い、早い、キレイをご提供します。
愛車が凹んでしまった場合は、お気軽にレディアントにご相談下さいませ。

PAGE TOP