トヨタ ヴェルファイア リアゲートの凹み

IMG_7860

こんばんは。施工ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回の施工ブログのお車はトヨタ ヴェルファイア。洗車の際、リアゲートに高圧洗浄機のノズルを誤ってあててしまい、凹みができてしまったとご相談いただきご依頼いただいたお車です。リアゲートにできてしまった凹みを施工する場合は内張りを外しての施工となりますが、ツールアクセスも容易ですのでボンネットと同じく、凹みができてしまっても元に戻すことができる可能性が高い箇所です。オーナーさんのご期待にお応えできるよう全力で施工させていただきます。

デントリペア施工前。

IMG_7862

マスキングテープの下側に黄緑で囲ってある中に凹みがあります。凹みの大きさは10センチ〜13センチほどで縦に長い凹みです。比較的、大きいサイズの凹みになります。デントリペアは凹みの大きさで施工料金が変わりますので、デントリペアでもそれなりの施工料金になってしまいますが、鈑金塗装で直した場合の半額ほどかと思います。鈑金塗装でリアゲートを直す場合ですと、リアゲート全体を塗装するために、脱着しなければならない部品も多く、エンブレムなどは交換しなければなりません。なので施工時間も掛かってしまいます。何よりも塗装をすることで、お車の価値が落ちてしまいます。では、デントリペアの何がいいか分かりやすく説明しますと、安い、早い、キレイが実現できることです。ご依頼いただいた凹みも問題なくデントリペアで元に戻すことができます。

デントリペア施工後。

IMG_7867

IMG_7868

施工完了です。施工時間は約2時間ほどで凹みは塗装せずに裏から押し上げて、元に戻しますので凹みが最初からなかった時と同じ状態になります。修理をしたにも関わらず、新車からの塗装はそのままですので、お車の価値が落ちないということになります。オーナーさんにも喜んでいただけたようで「スゴいですね!お願いして良かったです!ありがとうございます!」と仰っていただき嬉しい限りです。鈑金塗装の修理後によくある、経年劣化によるパテ痩せやペーパー目、塗装の色が変わってきてしまうなどのトラブルもなく、デントリペア施工後は何も気にせず、いままで通りお乗りになっていただき、また楽しいカーライフを送っていただくことができます。大事なお車に凹みができてしまいお困りの方はお気軽にご相談ください。ご依頼、ありがとうございました。

関連記事

  1. IMG_1543 BMW プレスラインにキズのあるヘコミ
  2. img_1726 ポルシェ デントリペアを通して・・・
  3. img_2182 私にできること。
  4. DR838 デントリペアでなんとかなりますか・・?
  5. IMG_7365 トヨタ プリウス 右フロントドアの凹み
  6. IMG_7276 フォルクスワーゲン ゴルフ 複数の凹み
  7. IMG_7703 トヨタ エスティマ 右フロントドアの凹み
  8. IMG_1542 12月4日、5日のメール返信について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

最近の記事

  1. IMG_8048
  2. IMG_8067
  3. IMG_8027
  4. IMG_7985
  5. IMG_7954
PAGE TOP