ツールさえ入ってしまえば・・・

IMG_2647

こんにちは。レディアントの小林です!

4月は入学シーズンでもありますね。

春らしい天気が続いていて本当に気持ちの良い毎日で
新しいスタートをきる方々を応援しているかのような天気ですね。

私も、いつも以上に気持ち良くデントリペアができます。

天気も良く、季節も春になり気持ちの良い毎日ですが、
愛車にヘコミがあったら気持ち良さも半減してしまいますよね。

ご依頼頂いたヴェルファイアにもヘコミができてしまっています。

デントリペア施工前

DR177

ヘコミは左スライドドアの真ん中辺りにできてしまっていて、
タッチアップもされている事からオーナーさんが気になっているのが感じられます。

ドアにヘコミができてしまっている場合は、窓ガラスを下げた状態にすると隙間ができますよね。
その隙間からツールアクセスするんですが、よくオーナーさんに

「えっー!?そっからいぐながー!スゲなー!」ってよく言われます。(笑)

でもですね。窓の隙間からツールアクセスできてもサイドインパクトビーム(骨)が
あってヘコミに触れる事ができない事がよくあります。

それはツールを入れた瞬間にわかります。

鈑金塗装の経験もある私は、目で見えなくてもツールで
何回か内部の物に触れるだけで内部がどうなっているかイメージできます。

サイドインパクトビームの形、幅、太さはどうなのか?

斜めに入っているのか?真っ直ぐ入っているのか?など

今回のヘコミができてしまっている場所は窓の隙間からツールアクセスできたとしても、
さらにサイドインパクトビームの隙間にツールを入れなくてはいけません。

でも、大丈夫です。デントリペアラーなら窓の隙間からでもちゃんと直す事ができます。

デントリペア施工後

DR178

ヘコミがなくなった事で気にならなくなったと思います。

新車塗膜はやっぱり良いですね。正直、タッチアップでもカバーできる
キズのあるヘコミは鈑金塗装してしまったらもったいないです。

私は、新車塗膜が好きなのでこのパターンを選択します。

ご依頼、心から感謝しています。ありがとうございました。

関連記事

  1. img_2105 バンパーもデントリペア?
  2. DR576 春は風と雹にご注意です。
  3. IMG_1265 インサイト プレスラインのヘコミ
  4. img_1706-1 ベンツ アルミボンネット
  5. IMG_1484 雪害車 ルーフのヘコミ
  6. IMG_4575 塗装剥がれのあるヘコミ。
  7. IMG_3497 ドアパンチによるヘコミ
  8. IMG_2455 デントリペアで直るなら・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

営業日カレンダー

最近の記事

  1. DR919
  2. DR915
  3. DR911
  4. DR907
  5. DR901
PAGE TOP